生理がこないと妊娠?

生理がこないと妊娠したんじゃないのか?と思われる女性もいるかと思いますが、必ずしもそうとは言い切れません。体調不良やストレスによる生理不順やホルモンバランスが崩れることによる更年期障害により生理がこなかったりします。

生理周期をコントロールする方法

女性にとって毎月やってくる生理は、めんどうに感じることもあるものの、来ないとそれも大変です。うんざりとしてしまう理由としては、出血による下着の居心地の悪さであったり、蒸れやニオイなども、不快感の要因となっています。出血量の多い二火は、使用するナプキンのサイズも大きいため、その日の選ぶようふきにも気を使いますし、白い洋服は着ることさえためらいます。

しかし生理というのは、実は周期を自分で管理することができるものでもあります。経血コントロールという方法によって、生理の期間も快適にするkとは可能です。尿意を感じても自分でコントロールができるように、経血もセルフでのコントロールが可能です。ある程度の経血をためておいて、お手洗いに行った時に出すというのが、経血コントロールの方法です。

経血コントロールで大事なのは、骨盤底筋をしっかりと鍛えて、自分での意識することが必要です。簡単なエクササイズがあるため、それを1日に10セットほど行います。生理の血がたまってきたと感じたら、トイレへ行くというやり方です。

生理の周期をコントロールする方法として、産婦人科を受診して、医薬品を処方してもらう手段があります。低用量ピルを服用する方法で、必ず病院で診療をしてもらうことが必要です。ピルは人によって、吐き気などの副作用があるケースもあるので、様子を見ながらがよいでしょう。

ピルの薬は、1サイクルの1シートで、金額として2000円から3000円ほどかかります。基本的には保険はきかないものの、女性特有の疾患での治療の場合、保険が適用されるケースもあります。ただ、ピルは医薬品であるということを忘れないようにして、必要に応じて使うことも必要です。