生理がこないと妊娠?

生理がこないと妊娠したんじゃないのか?と思われる女性もいるかと思いますが、必ずしもそうとは言い切れません。体調不良やストレスによる生理不順やホルモンバランスが崩れることによる更年期障害により生理がこなかったりします。

生理前の症状なら無添加の低用量ピル

生理前のさまざまな症状に悩んでいるという場合、無添加の低用量ピルを利用してみると良いでしょう。無添加の低用量ピルは避妊効果があるというだけでなく、ストレスの多い現代社会で活躍している女性にとってさまざまなメリットがあります。生理前のイライラや生理痛を軽減させる、生理周期を安定させる、子宮体がんや卵巣がんを予防する、肌荒れやニキビを改善するなどといった効果も期待できるのです。無添加の低用量ピルには女性ホルモンが含まれており、経口避妊薬と呼ばれることもあります。毎日一回服用することで排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑えることができるのですが、コンドームよりも高い避妊効果があることが特徴です。正しく服用すればほぼ確実に避妊することができますし、手術のように手間や費用などがかからないことも魅力です。確実で安全性の高い避妊方法であり、望まない妊娠から女性を守ることができます。低用量ピルは3つの部位に作用して妊娠を防ぐという作用があります。まずは卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えて排卵しないようにするのですが、次に子宮内膜の増殖を抑えて着床しづらくします。そして、子宮頚管の粘液を変化させて精子が子宮へ入りにくくするということです。いつから飲み始めれば良いのかということですが、妊娠していなければいつからでも飲むことができます。ちなみに、低用量ピルを服用したからといって不妊症になってしまうことはないので安心しましょう。妊娠したくなった場合は服用を中止すれば良いだけですし、ピルを中止した直後の妊娠でも胎児に影響などはありません。ピルを飲むことで体内のホルモンが妊娠しているのと同じ状態となるため、ピルというのはもともと人間に備わっている仕組みを利用しているだけなのです。