生理がこないと妊娠?

生理がこないと妊娠したんじゃないのか?と思われる女性もいるかと思いますが、必ずしもそうとは言い切れません。体調不良やストレスによる生理不順やホルモンバランスが崩れることによる更年期障害により生理がこなかったりします。

生理の時の月経過多をマーベロンで治療

女性の場合は生理が50歳前後まで続きますが、月経には個人差があるので、出血量があまりにも多い場合には日常生活にも支障をきたすことがあるので、マーベロンなどの低用量ピルを服用して月経の量を減らす治療が行われます。生理の時の月経過多の原因としては子宮筋腫などの病気が考えられますが、それ以外にもストレスなどで増える場合があるので婦人科を受診して生理の状態を観察しながらマーベロンを服用しなければなりません。低用量ピルにはマーベロン以外にも様々なタイプの薬があるので、副作用が出てしまったり、相性が悪い場合には他の低用量ピルを使用することになります。成分は異なっていても黄体ホルモンの働きを抑制するのは同じなので、特に問題はありません。また生理の時に腰痛などが起きる原因としては月経過多によって貧血状態が引き起こされていることが考えられるので、鉄剤を服用したり、痛みを感じている患部に外用薬を湿布するなどして痛みを抑えます。生理痛を抑えるために外用薬を使用する場合には背中の下の部分に貼るのが効果的で、下腹部の血流が悪くなっているので、この部分を温めることで痛みを和らげることができます。外用薬を使用して湿疹やかぶれの症状が出る場合にはクリーム状の塗り薬を使用することもできますが、効果を長時間保つためには湿布薬が有効です。また貧血を改善することで生理中の肩こりや頭痛の痛みを軽減することができるので、食事の時に積極的に鉄分を補給するなどすることで、貧血の症状が改善することがあります。生理の症状が重い場合には婦人科を受診して、子宮に異常がないことを確かめてからピルを服用することが必要で、自分の判断でピルを服用すると効果が発揮できない場合があります。