生理がこないと妊娠?

生理がこないと妊娠したんじゃないのか?と思われる女性もいるかと思いますが、必ずしもそうとは言い切れません。体調不良やストレスによる生理不順やホルモンバランスが崩れることによる更年期障害により生理がこなかったりします。

生理による病気の保険適用と免疫力アップを目指す

毎月の生理、それに思春期、妊娠、出産、更年期と一生を通して、常に女性ホルモンが体に影響をあたえます。そのためにおこる冷え性などの症状は免疫力を下げ、病気の原因になります。生理の時の生理痛などは日常生活に支障をきたすこともあります。生理痛がひどい月経困難症は治療をしないで、痛み止めの市販薬だけで様子をみると子宮内膜症、子宮腺筋症、不妊症や卵巣がんに発展する病気です。婦人科で診察するようにすることが大事です。保険適用で診察できます。婦人科疾患の更年期障害、乳汁分泌不全は保険適用の病気です。生理前になると決まって不快な症状が起こる月経前症候群や月経前不快気分障害があります。生理に関係の深い症状はたくさんあります。保険適用になっている病気となっていない病気があり、しっかり事前に質問しておくことが大切です。免疫力低下と生理は深い関係にあります。インターネットで毎月免疫力をチェックすることが必要です。女性ホルモンのバランスの乱れがいろいろな症状を引き起こす原因になっています。女性ホルモンが少なくなり、免疫力が下がり体調を崩すことになります。肌にも影響がでます。張りのない肌やしわが目立つようになります。女性ホルモンは年齢をかさねると減少していきます。ストレスや生活環境などの変化もホルモンのバランスを乱す原因になります。体調不良を病院に行って診察をうけても原因がわからないこともあります。免疫力アップを目指す人におすすめなのはハーブティーです。ハーブの香りはストレス解消になります。女性ホルモンにも良い影響を与えます。ストレスがたまりやすい生活を改善し、リフレッシュできる時間を自分で工夫してとるようにします。