生理がこないと妊娠?

生理がこないと妊娠?

生理がこないと妊娠したんじゃないのか?と思われる女性もいるかと思いますが、必ずしもそうとは言い切れません。体調不良やストレスによる生理不順やホルモンバランスが崩れることによる更年期障害により生理がこなかったりします。

生理痛が起こる原因と改善法

女性にとって生理期間というのはとても憂鬱な期間でもあります。
しかも生理痛があるという人にとっては、憂鬱どころの騒ぎではなく、動くことすらできないという人も少なくないのです。
しかし、生理痛を経験したことのない男性などは痛みの具合などを理解することができないため、心ない言葉を浴びせられてしまうということもあるのです。
生理痛が起こる原因としては、自分でも気付かないうちに、体を冷やしてしまっているということが原因になっていることがあるのです。
自分のお腹を触ってみて、お臍の周りがひんやりしてしまっているという場合は、内臓や子宮周りから冷えてしまっているという可能性が高いため、体を積極的に温めておくことによって、生理痛を改善することができるのです。
足元から冷えてしまっているという場合も多いため、夏場は寒くなくても靴下を履くなどの工夫をする必要があるのです。
体を温めることによって、子宮が自然と温まりますので、ホルモンバランスを崩してしまうということもなくなり、生理痛を改善することができるのです。
体の内側を冷やさないようにするというのがポイントになりますので、夏場の冷たい飲み物などは控えることをおすすめします。
どうしても冷たい物が飲みたい場合は、温かい飲み物と交互に飲んだり、常温の物にしたりするというような工夫をすることをおすすめします。
また、骨盤が歪んでしまっていることによって、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまい、生理痛を引き起こす原因となってしまっているということもありますので、骨盤を正しい位置に戻すためにストレッチをしたり、骨盤ベルトを着用するということもおすすめとなっているのです。

★それでも辛い生理痛に
生理痛緩和で毎月ハッピーに